レーザースペックルフローグラフィー

眼血流の動画撮影ができる器械です。眼底は視神経乳頭からの血流によって栄養されています。動画撮影することで血液循環などを調べることができます

撮影方法:散瞳剤を用い瞳孔を大きくした状態で検査を行います。中に見える固視灯を見ます。撮影時は5秒程度瞬きを我慢する必要があります。

撮影時間:1回5秒ですが、片眼3回の撮影を行います。安静状態での撮影が必要で、検査前に15分程度安静にしていただきます。