失明

一般に失明とは明暗も分からない何も見えない状態と思いがちですが、日本での定義は、目の前に出された指の本数(指数弁)が分からない状態を失明と定義されています。