急性緑内障発作

通常は20mmHg程度に維持されている眼圧が何らかの原因により50mmHgを超えるような眼圧となり、眼痛、頭痛、吐き気などの症状を起こします。高眼圧は視神経を障害し視野欠損を起こします。目が原因だと分からず、内科や脳外科を受診してしまうことがあり治療が遅れてしまう危険な病気です。眼科医であれば、未然に防ぐ治療をすることが可能です。