房水

水晶体の奥にある毛様体で産出される眼内水で、角膜の内側を通り隅角にある繊維柱帯から排出されます。通常10〜21mmHgの圧力で測定されます。房水の流れが悪くなると眼圧が上がり、緑内障の原因になるといわれています。