水晶体

角膜の奥にある透明な器官で、カメラでいうレンズの役割を果たしています。近くを見るときは厚みを増しピントを合わせることができます。老化によって白濁した状態を白内障といい水晶体が硬くなることで、ぼやけたり、見づらくなったりします。