眼圧

前眼部(目の前の方;水晶体より前側)には、房水といわれる水が流れていてこの房水が目の形状を維持しています。

何らかの原因で房水の流れが滞ってしまうと眼圧が上昇していきます。眼圧が上昇すると目が固くなり目の奥にある視神経が押されて障害されます。結果として視野欠損が起こり緑内障になります。

現在、緑内障に対する治療は、目薬によって眼圧を下ること、外科的手術によって房水の流れを良くすることが行われています。しかし、失われた神経と視野は戻りませんので、早期発見によって進行させないことが大切になります。

しかし、日本人は眼圧が低くても緑内障になる正常眼圧緑内障が多いという報告があり、眼圧だけで判断できません。