緑内障

目の奥の視神経が障害され、視野の欠損、失明に至る疾患です。進行が遅いため自覚症状に乏しく、気づいた時にはかなり進行していることが多いのが特徴です。40歳以上の20人に1人が 緑内障 を持っているといわれ、 緑内障 を持っている人の9割は自分が 緑内障 であることを知らないと言われています。緑内障は、視神経乳頭陥凹の拡大、眼圧上昇、視野の欠損の三大3徴候があり、眼科の検査で発見できます。現在行われている治療は眼圧を下げるための点眼と眼圧をコントロールする房水の流れを良くする外科的手術のみが行われています。視神経乳頭陥凹の拡大は神経を障害し続け、失われた視野は戻ることがありません。

早期発見により進行をさせないことが大切な疾患です。