視神経

眼の奥は眼底といわれ網膜、黄斑、視神経など重要な器官がそろっています。

写真全体が眼底で、一帯を網膜が覆っています。中心のやや暗いところが黄斑、左側の血管が集まっているところが視神経乳頭といいます。

視神経は網膜の奥にあり、眼底写真には写りません。

その中になる視神経は網膜に映った外界の景色を電気信号に変えて視神経に乗せ伝達させています。視神経が集まる場所を視神経乳頭といい脳神経に繋がり景色として認識されています。

視神経が障害されるとその部分の景色が脳に伝達されないため、視野欠損という症状が起こります。わずかな視野欠損は自覚症状が全くありません。

視神経の障害は健診等で見つけることも難しく、眼科にある特殊な検査機器でないと発見ができません。