遠視

眼の屈折状態を表す言葉の一つです。遠視は、遠くを見たときに外界からの光の屈折焦点が眼球の後ろに結ばれた状態となります。目の調節作用によって目の後ろの焦点は眼球に戻され視力は良好です。しかし強度の遠視は、調節作用でコントロールしきれずに視力は不良です。幼児期の強度の遠視は、視力の成長を妨げ弱視となってしまうことがあります。