CASIA2(前眼部OCT)

角膜から水晶体までの前眼部断層撮影ができる器械です。前房・隅角(房水の排水口)の詰まりや虹彩、水晶体の状態(房水の流れ)などを調べることができます。前眼部の不調は緑内障の原因となる眼圧上昇を招くことがあります。

検査方法:中に見える固視灯を見ます。いくつかのモードで撮影を行います

検査時間:検査時間は数秒ですが、異なる検査を数種類行いますので、全体で5分弱です。